日本語教師になるために必要なこと - 日本語教師養成について

日本語教師になるために必要なこと

日本語教師は、日本語を母国語にしない人たちに日本語を教える仕事です。日本語を学びたいという外国人は、世界にたくさんいます。

日本語教師はそういった人たちに、日本語を正しく楽しく教えられるようにならなければいけません。ただ日本語を話すことさえできれば、日本語の教師になれるというものではありません。

日本語を外国人に教えるには、やはりそれなりのスキルは必要になります。


スキルがなければ、学習者の高い満足度は得られません。
日本語教師に適正がある人とは、日本語に関する知識が豊富なこと、言語自体に興味があることや、文化背景の違う外国人たちとコミュニケーションをとることができることや、柔軟性や臨機応変さがあることなどです。


日本語は世界的にみても、独特な言語体系なので、外国人にもわかりやすく教えられなければいけません。

日本語教師の情報を調べてみましょう。

ですので日本語のスキルはもちろんのこと、教えるということ自体のスキルも必要になります。

現在、日本語教師になるのに必要な資格というものは明確にはありません。



しかし、人に言語を教えるということは高い専門性が求められるので、一定の基準を満たす養成講座などを修了した人を求人しているところが多いようです。



現在いちばん多いのは、日本語教師養成講座を修了するというコースです。

最短6ヵ月で修了が可能です。

日本語の教師を目指している人のステップとなる養成講座なので、興味のある人は検討してみるといいでしょう。