日本語教師になるにはどうすればいいのか? - 日本語教師養成について

日本語教師になるにはどうすればいいのか?

近年、日本で暮らす外国人が増えたことで日本語教育のニーズはどんどん高まりつつあります。

日本語教師についての情報を提供しています。

アジア圏を中心として海外でも日本語を学習したいと思っている人は多く、世界中の人たちが日本語を学びたいと考えています。

そうした中にあって日本語教師の存在が注目されていますが、特に資格や教員免許が必要なわけではありません。


もちろん日本語を話せれば誰でもなれるというわけではなく、それなりに勉強が必要です。


日本語の知識と日本語の教え方がきちんと身に付いている必要があり、そのレベルが採用試験で問われることになります。日本語教師になるには養成講座の420時間コースを修了する方法があり、国内外を問わず沢山の教育機関で応募条件が定められています。


実際この420時間の養成講座を修了して教師になったパターンは多く、必要な知識や現場での指導技術までバランスよく学ぶことが可能です。



日本語学校を併設している講座なら外国人学生を相手に実習する機会も沢山あり、修了生は優先的に講師の採用募集に応募することができます。

能力検定試験に合格する方法もあり、試験に合格すれば専門知識を有している人とみなされます。

独学でも対策は可能ですが知識だけが問われる試験なので、現場に出る前には養成講座の実技コースに通学する必要があるでしょう。

日本語教師になるには、大学や大学院の日本語専攻で学ぶ方法もあります。


この方法なら専門知識をしっかり学ぶことができ、日本語教育に関する高い学歴をもっていると就職の際に周りから評価されます。


一定の単位を取得していれば就職先の選択肢は大きく広がり、就職ガイダンスや面接指導などの就職支援を受けることが可能です。

ただし授業料が高くつき、実習が少ないので注意が必要です。