日本語教師の職業について

日本語教師というと、日本語をスムーズに扱うことができれば就くことのできる職業だと思われがちですが、決してそういうわけではなく、非常に就くのが難しい職業です。

日本語教師とはいわゆる国語の教員などを指し、それには教員免許が必要です。

さらに、教員免許を取得するためには日本語だけでなく、古典や漢文などの古典的な知識や、日本の文学史や民俗学なども含め、総合的に詳しくなる必要があるのです。それらの知識を身に付け、教員採用試験に合格してやっと教壇に立つ権限を得ることのできる職業が教員です。
国語的知識だけでなく、子どもの発達などに関する学問や教育史、教育心理学を正しく身に付け、さらに介護体験などを経てやっと採用試験を受ける権利を与えられます。

これには大学や専門学校などで教職の単位を取得する必要があり、それには膨大な勉強量と時間、お金が必要です。

待望の日本語教師が広く知れ渡ってきました。

そもそも日本語教師にも形式は様々で、教える層に差があります。

教員になる人もいれば、外国人などの日本語が母語話者でない方々に、日本語でコミュニケーションをとることが出来るようにするための教師も存在するからです。
このようなことを正しく理解せず、ただ日本語教師になろうと考えている人が多いのが現状です。



様々な理由がありますが、教員というのは子どもに正しい道を示すことのできる人間である必要があります。



このようなことを念頭に置き、教員を目指す人は勉強をしていくことが大切になってきます。