日本語教師養成について - 日本語教師養成について

日本語教師養成について

日本語教師とは基本的に特別な資格の要らない仕事です。海外に行って日本語教師を名乗れば、その人は日本語教師として扱われます。

日本語教師の養成の特徴を紹介するサイトです。

しかし人にものを教える際ある程度知識を持って臨みたいと考える人もいるのではないでしょうか。


養成プログラムにはどんなものがあり費用はどの位かかるのか、気になると思います。
まず一番有名なのが文科省の推薦する420時間カリキュラムというものです。


これは約3ヶ月にわたり講習を受けるといったもので費用は約60万程です。


これは国が推奨しているということで、国内で日本語教師として働こうと考える人にとっては後々アドバンテージになることでしょう。次に4年制の大学を卒業するというものです。


こちらは費用にして240万程かかりますが、教師養成のプロにみっちり4年間鍛えられるので相当自信になりますし、また大学を出るということは国際的にも優れた人材と認められることになります。


もっとリーズナブルな養成課程として通信などを使った短期講座に参加するという手があります。

費用は18万程で3週間から3ヶ月程、日本語教育能力検定試験合格を目指して講習を受けていきます。日本語教育能力検定試験合格は文字通り日本語の教育をするに値するかをはかる試験なのですが、難易度がそれなりに高くこれに合格しているということは日本語教師として働く際、大きな武器となるはずです。



自分の生活環境に合った無理なく続けられる方法をよく吟味することが大切です。